創ろう!ペットのハッピーワールド!

ペットと暮らす素敵な毎日を応援します。

Pass the Baton

ペット関係者によるコラム。不定期更新しています。

Pass The Baton! 第9回

目白通り高度医療センター 中村院長先生

2016年5月25日

 

第9回Pass The Batonは「第8回ミ・サ・キ動物病院 西依院長先生」よりご紹介いただきました目白通り高度医療センターの中村院長先生です。中村先生が2件目に勤めていた動物病院の師匠が西依先生だそうです!

目白通り以外に小滝橋動物病院・もみじ山通りペットクリニック・江古田の森ペットクリニックの計4つ開院されています。

 

☆高度医療センターをはじめたきっかけは?

昆虫を飼ったり植物の勉強をしたりと生き物が昔から好きで自然と獣医師を目指していました。日大を卒業し、市ヶ谷の病院と西依先生の病院で修行し、今から17年前に新宿の小滝橋動物病院を初めて開院しました。5年ほど前に麻布大学の附属病院で研修した経験が高度医療センターを始めるきっかけになりました。そこでは今まで自分がおこなっていた医療とはかけ離れた高度な医療がおこなわれていました。いろんな勉強をさせてもらったおかげで、今の自分の目指す医療があります。また、大学病院では、高度な治療が必要でない病気もたくさん紹介されてきて、本当に必要な病気は手遅れになったり、助からないといった現実がありました。そんな状況もなんとかしたいという思いもあります。本当に大学病院でなくては治せない病気は紹介させてもらっていますが、自分の病院にきた動物は、できるだけ速やかに治してあげたいと思っているのもきっかけです。

 

☆病院の強み・特徴は何ですか?

それぞれの病院の外来では、患者に寄り添う身近な医療を目指しています。そこでは、小さな異変は見逃さず、よりリスクの少ない形での治療にするのが理想です。診療の基礎である診る・触る・聞くをおろそかにしてはいけないという思いから病院名にしたという師匠の西依先生の言葉は絶対に忘れてはいけないと思っています。そして万が一難しい病気になっても少しでも早く、いろんな病気に対応できるそんな病院を目指して高度医療センターを立ち上げました。グループには獣医師が多くいるので、それぞれの得意な分野を発揮して、より専門的な治療がおこなえるように成長させていきたいと思っています。現在の特徴としては、CTがあるので、レントゲンや超音波ではわからない状況を把握することができます。また人工透析の設備も整っており、急性腎不全のペット達を助けています。おそらく都内で人工透析が受けられるのは当院くらいかと思います。

 

☆今後の高度医療センター

2016年夏からは心臓外科の手術もおこなうことになりました!2年後にはMRIの導入を計画しています。将来的には、脳外科もおこないたいと考えています。

すぐに対処しなければ死んでしまうような命を少しでも救いたいと思っています。

 

 

 

 

 

*編集後記*

専門科へいかないと診れない!でも、紹介いただくまでや移動に時間がかかってしまう。また手術後の相談がしにくい!そういった中、目白通り高度医療センターはその地域にありながら最先端の高度医療を受けることができる。 最近では爬虫類飼育が趣味で根っからの動物好きでかつ研究を惜しまない素敵な先生でした。

次回のPass The Batonは中村先生よりご紹介いただきましたしつけ教室の「犬のじどうかんPOOCH PAL」西場様です。

>Pass the Baton 目次へ戻る

運営:グランメイト株式会社(医療機器販売の総合商社) 千葉県千葉市中央区祐光4丁目2番1号